ファンの熱が、新たなファンを呼び込む。
ファンを育ててコミュニティ化する、
顧客ロイヤルティ管理の新しいカタチ。

CIRCLとは、ユーザーを巻き込みながらブランドを盛り上げるファン育成型ロイヤルティプログラムを運営できるサービスです。
顧客分析からプログラム設計、ユーザーテスト、導入・運用、効果測定まで一気通貫でサポートし、ブランドのファンコミュニティづくりを支援します。 ウェイティングリストに事前登録いただいた方には、優先的にサービスをご案内いたします。

CIRCLとは、ユーザーを巻き込みながらブランドを盛り上げるファン育成型ロイヤルティプログラムを運営できるサービスです。
顧客分析からプログラム設計、ユーザーテスト、導入・運用、効果測定まで一気通貫でサポートし、ブランドのファンコミュニティづくりを支援します。 ウェイティングリストに事前登録いただいた方には、優先的にサービスをご案内いたします。

Our problemブランドが抱える課題

How CIRCL WorksCIRCLでできる事

⽬指すのは、ユーザーが応援したくなるブランドづくり。
ブランドが育つとリワードも育つ、ユーザー主体のファンプログラムを簡単に立ち上げ・管理

顧客の分析からプログラム設計、ユーザーテストと本格運用まで、
あなたのブランドに合うプログラムの立ち上げを一気通貫で支援

Key Benefits of CIRCLCIRCLのメリット

01 あなたのブランドに合う
最適なファンプログラムを提案

質問に回答するだけで、AIがファンの育成に特化したリワードプログラムを提案。プロによるユーザー分析・プログラム設計支援と掛け合わせて最適なサービスを提供。

02 ユーザーが“参加したくなる”仕組みで
自然な接点づくりとファン化を加速

ユーザーがゲームのように楽しみながら取り組めるミッションを設定し、ブランドとの接点を生み出す。さらに、ブランドへの貢献度の高いユーザーがよりお得になる特別報酬でファン化を加速。

03 プログラムの費用対効果は
常に見える化

ミッションごとの取り組み状況やプログラム導入による効果は常にデータで可視化。ローンチ前のシミュレーションも可能。 ブランドづくりに参加するユーザーの応援もリアルタイムで見れる。

04 LINEによるプログラム運用で
面倒なことはすべて自動化

プログラムはLINEと連携して運用。ユーザーの管理やアクションの確認、リワードの提供などの工程を自動化。

05 購買以外の行動データが活用でき、
1人ひとりに個別のユーザー体験を提供

SNS利用・店舗への来店・アンケート回答など、購買以外のデータも計測可能。ターゲティングに活用できるデータを増やし、1人ひとりにパーソナライズドされたユーザー体験を提供。

促進できるアクションの例

Founder創業者の紹介

田口 遼Ryo Taguchi 2012年よりバークレイズ証券で日本株アナリスト業務に従事後、2014年にマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。
アソシエイト・パートナーとして、主に食品・消費財・小売業界の大手クライアントに対して、事業戦略の策定や新規事業の立ち上げ、組織改革などを支援。2021年半ばにコンサルタントとして独立。
これまで多くの企業を支援した中で感じた、「ブランドと消費者の距離が縮まり、ブランドづくりで共創できる世界」を目指してCIRCL Incを創業。
慶應義塾大学 大学院 理工学研究科を修了

ブランドと消費者が
共創できる世界を実現する
いまの世の中は様々なモノが溢れ、消費者に商品を手に取ってもらうことが難しくなっています。この中で、多くのブランドが多額のマーケティング費を消耗しあい、持続的ではない顧客獲得に取り組んでいます。
そんな状況下で、ブランドが限りある経営資源を商品開発や組織づくりに集中できるようになるためには、ブランドが消費者との繋がりの「輪」を広げ、その中で消費者の声をモノづくりに活かす循環の「輪」をつくることがますます重要になってきています。
その実現に向けて、CIRCLは次世代のブランドづくりの常識を創り出していくことにコミットしています。

Waiting List事前ユーザー登録

ウェイティングリストへの事前登録は無料です。サービスの詳しいご案内を優先的にお送りさせて頂きます。
ご案内させて頂いた際に、改めて本登録をご検討いただけます。

お問い合わせはこちら